Guu&Robbyが送る日々...

<   2013年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧




グーぽん、天国へ旅立ちました。

9/22 19:30頃。

グーぽん天国に旅立ちました。

退院してからちょうど1ヶ月でしょうか。
グーぽん頑張ったと思います。
退院後の元気なグーぽんを見ていて奇跡を期待してしまったりもしましたが、
奇跡は簡単には起きないようです。

b0105157_19155562.jpg

生前最後の1枚。
何年たっても天気の良い日はグーを思い出せそうです。

グーぽん今までありがとう。
本当にありがとう。


このブログをみて心配してくださった方々ありがとうございました。
暫くはグーぽんの事を考え想う時間にしようと思います。
[PR]



by guurobby | 2013-09-26 19:23

明後日で1ヶ月。

明後日の19日でグーぽんが病院に担ぎ込まれてから1ヶ月。
腫瘍が見つかってから1ヶ月...。

ちょくちょく病院で検査はしているんだけど、
最近では16日に病院で血液検査した。

肝臓やら何やら他の数値は改善もみられたのだけど、
肝心の貧血に関係する数値(ヘマトクリットやらヘモグロビンやら血小板やら..)が少し減っている。

でもグーポンの顔色(歯茎や舌とか鼻先の赤み加減とか..)を見る限りムラがある。
彼の体の中で小量の出血と止血...で、血液を作る!を繰り返してるのかな。


で、飼い主の心配をよそにグーぽんは今日も元気。
b0105157_2191158.jpg

短いけど散歩もするし家ではうるさい位に元気。
時々走り出しそうで...そっちの方が心配だったりする。^^;






b0105157_21105078.jpg

ロビビさんは別メニューで時々近所の公園。
彼には彼のペースがある。






b0105157_2112093.jpg

グーぽん、見た目では解らないけど体重減少。
食事を手作りにしてるせいもあるかもしれない。
現在11㌔前半。

今までの平均は12㌔後半~13㌔。
ちなみにお腹に血が溜まっていた時は15㌔近くあった。(汗)

でも、チョー運動させてた若い時は今くらいの時もあったかな。
でもやっぱりこれ以上減ると少し心配。






b0105157_21155195.jpg

ちなみにロビビは少し太った。(笑)

ロビビも最終的には手作り食に移行しようかと思って、今までのフードと半々位。
加減がわからない。(汗)
[PR]



by guurobby | 2013-09-17 21:24

ロビビさん11歳になりました。

今日はロビビの誕生日。
さっき思い出した。(汗)

b0105157_0203436.jpg

仕事も忙しいし、なんもしてやれてない。
ロビビの誕生日の時期はいつも仕事が忙しいような...。
申し訳ない。

グーぽんの事もあったので最近は短めの散歩ばかりで運動不足かも。
そのうち別メニューで公園でボール遊びしようぜ!^^

誕生日おめでと!
これからも元気で甘えん坊なロビビで頼むぜ!




↓は9/8
b0105157_0205638.jpg

お盆にお墓行かなかったのでお墓まいり。
グーロビにも付き合ってもらった。^^
そん時の1枚。

毎年時期をずらして、お墓の掃除隊長のつもり。(実際はたいして掃除してない..汗)






b0105157_0211437.jpg

そーいえばお墓に向かう時に気持ちよさそうなワンコを発見。

グーぽんもアレやりたいだろうなぁ~。^^
[PR]



by guurobby | 2013-09-10 23:04

今んとこ調子良さそう。

画像は9/1

b0105157_22235630.jpg

小樽方面へ...プチドライブ。






b0105157_22243846.jpg

やっぱり窓から顔を出す。






b0105157_22253728.jpg

可愛いからいいよ。^^




前回の投稿を読み直してみると、結構勘ちがいだったり解りづらかったり。
テキストを読み直し無しのコピペだったので。^^;

グーぽんの事で今現在ハッキリと解っている事実は、
「脾臓と肝臓に腫瘍がある。」
コレだけです。

獣医さんの見解では...
脾臓から肝臓に腫瘍が転移した可能性。
そーだった場合、脾臓は血管肉腫の可能性は高い。

余命...
獣医さんの経験上のだいたいの平均。
この手の腫瘍が発見されてから3ヶ月程。
血管肉腫だと2ヶ月程。
退院する時は出血が収まっていなく、その時は1ヶ月もたないとも言われました。
今は出血も治まり貧血も改善されました。(油断はできませんが..)

物凄~く大雑把にはこんな感じ。


「血管肉腫」は調べれば調べるほど良い情報が無く絶望的。
他の種類の腫瘍でも転移したものであれば悪性に変わりはなく、これまた良い情報は見当たらない。

でも目の前のグーぽんはそれなりに元気。
むしろ退院した日よりも調子は上向きに見える。

余命はグーぽんが決めるのだ。
[PR]



by guurobby | 2013-09-06 22:59

グーぽん、癌なのだ。

タイトル通り悪いお知らせ。
わかったのは8/19。

今現在、気持ちは少し落ち着いています。

ほぼ誰も見ていないブログだし書こうかどうか少し考えたけど記録がてら書くことに。
それにGuu&Robbyを通じて知り合えた方には、なんとなく伝えたい気持ちがあった。
「あぁ、そうなんだ...」と思って頂ければそれで良いかと。

ハッキリわかってる腫瘍箇所は肝臓と脾臓。
今はグーぽん退院して家にいます。
少しダルそうだけど意外と元気かな。^^

b0105157_251969.jpg



以下、グーぽんが入院中に書き留めた別枠の記録。
日記風なのはブログをやっていたせいかもしれない。(笑)

---------------------------------------------------------
8/16
お盆は天気が悪かったけど晴れ間をみつけて石狩の河川敷でグーロビと遊んだ。


8/17
夜中にグーぽんが嘔吐。
その日(前の日だったかも..)にあげた小量のトウモロコシとフードを吐き出す。


8/18
寝坊したので昼頃にグーぽん朝ごはん。
この時は特になにもなく普通のグーぽん。
今思えば少し元気がなかったのかもしれない..

夕方にもご飯。
また嘔吐。(2回連続)
その時もトウモロコシ少々。
滅多にあげないトウモロコシのせいかと思い再びご飯。
再び嘔吐。
前の2回やおやつも込みこみで6~7回嘔吐。
体力が心配なので少しおやすみ。

夜少し散歩。
うんちがどんな感じか見たかったので..
寝る前にご飯少々。
嘔吐無し。
少し安心。

でも「明日の様子で病院へ行こう。」と。


8/19
朝ごはんを少しだけ食べて残す。
こんな事は今までに1度もない。
心配なので「仕事を早めに切り上げるようにして病院へ行こう。」と決めた。

でも数分後、仕事に行く前にグーぽんの様子がおかしい。
歩くのもフラフラ...バタンと寝そべる。
慌てて抱きかかえたら首にも力が入らない様子でダラーンと。
歯茎も舌も白く貧血。
まだ動物病院の開院時間前だけど電話して行く事に。
仕事は休む。

レントゲンやらエコーやら血液検査やら。

貧血は腹水?
内臓の出血。

出血の原因は肝臓と脾臓の腫瘍っぽいものではないかと。
この時点でハッキリ言われなくても癌だと気が付く。
でも先生はハッキリと言い切らない。
頼りない先生なのか、優しい先生なのか。

1つ検査の結果待ちのものがある。
血を固める機能が正常かどうか...。
後に播種性血管内凝固症候群(DIC)と言う病名も出てくるけど、この先生からは出てこない。

帰り際、グーぽんと面会。
酸素ルーム?に入っていてガラス越しでの面会。
大人しく点滴をしていた。
いや、大人しくと言うより元気がなかった。


午後4時頃に再び検査結果を聞きに病院へ。

さっきとは違う先生。
わかり易く肝臓と脾臓の癌を絵に描いて説明してもらった。
思わず泣いた。

結果はこうだ...

まずはDIC?
数値が異常。
肝臓の癌の位置と大きさが良くなく取れるものではない。
かなり大きい。
脾臓は全域に癌。脾臓を丸ごと取れるには取れるがメリットはない。
大量出血が考えられる上にDIC..大量の輸血が必要になる。
血管にも癌が転移する可能性がある。
手術は勧めない。
と、言うより無理しても脾臓以外は取れない。

手術はしない方向で...。

とりあえず出血の状態っが良くなるまで入院。
ちなみにお腹に溜まった血は抜かないらしい、お腹の中で吸収して血液を補うらしい。
少し記憶が間違ってるかも..

帰り際、グーぽんと面会。
再びガラス越し。
やはり元気は無かったが、さっきよりはだいぶ目に力があった気がする。
グーに触りたい。
「明日また話を聞きに来てください」と言うことで帰った。


8/20

午前中、妻から仕事に行く前に病院へ行ったと電話が...
電話越しに泣いてました。

ボクは仕事が早く終わったので、午後4時頃に面会しに行く。

癌の事はともかく今は血液の状態。
検査報告書のヘマトクリットの項目の説明をされる。
前々回→前回と徐々に減っている。良くない状態。
でも、お腹の中の出血した血の吸収待ちで想定内だと説明される。
しかも急速に持ち直すと予測しているとの事。
先生の優しさかもしれない...でも前向きに受け取ることにする

血小板の数値も異常に低い。
血小板が癌組織で大量に使われて低い。
これがDICの事だと思ってるけど間違ってるかもしれない。
先生は説明してくれたけどキチンと理解してる自信はない。

今日もガラス越しにグーぽんと面会。
グーぽんは寝てた。
ガラスをコツコツすると少し目を開けてコッチを見ていたけどボクだと分かっていない様子。

明日は来れる時間が無いかもしれない。


8/21

午前中、動物病院から電話。
ヘマトクリック数値が危険なライン
輸血することに。

そのすぐ後に妻は面会したらしい。

ボクはなんとか時間を作れたので午後6時半頃に面会。
輸血を終えたグーぽんは元気な顔を取り戻してた。

明日、退院予定。


8/22

午後5時過ぎ頃。
何とか夫婦の時間が揃う。2人でグーぽんの迎え。

先生はもうダメっぽい雰囲気を出していたので、ボクは少しイラついていたかも。
この日は最初の先生。
悪い人じゃないと思うけど、なんでかボクとは合わない。すみません。

家ではグーぽん思ったより元気。


グーぽんが家に居る時は、これ以上書かない事にしよう。

---------------------------------------------------------

記録は以上。

何故、記録したのかは自分でもわからない。^^;
いつかブログに載せようと思ったのか、病院でのやりとりなどを忘れたくなかったのか...。
とにかくグーぽんが家に居ない時間は平常心ではなく、
何かをしていないと落ち着かなかったのだと思う。


ちなみに今は奇跡的に出血も治まり1つの山は超えた感じ。
もう、今日明日にどうなるという雰囲気ではなくなった。

輸血してくれた病院の院長の愛犬に感謝。
病院の獣医さん達に感謝。

これからはのんびり癌と向き合う事にします。


今後のUP予定は...
やはりきまぐれです。^^;
[PR]



by guurobby | 2013-09-01 02:23

ウェルシュコーギー&ジャックラッセルテリア GuuとRobbyのブログ
by guurobby
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ほ~むぺ~じ

ブログジャンル